幕府歩兵隊 : 幕末を駆けぬけた兵士集団

野口武彦 著

幕府歩兵隊をご存じだろうか。幕末の徳川幕府には近代装備の兵士がいた。水戸の天狗党とたたかい、長州の奇兵隊とたたかい、薩摩の小銃隊とたたかい、幕府瓦解の後は、関東・東北・北海道を転戦し、全官軍を向こうにまわして最終ラウンドを飾った。幕末の歩兵は、サムライでもなく帝国陸軍の兵隊でもなかった。この歩兵隊という特定の視界から幕府倒潰の秘密に迫る回路を探り、彼らを歴史の主役に抜擢する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幕府歩兵隊へのファン・レター
  • 第2章 歩兵組の創設まで
  • 第3章 歩兵の社会学
  • 第4章 長州戦争と幕府歩兵隊
  • 第5章 慶応の兵制改革
  • 第6章 鳥羽伏見の戦
  • 第7章 戊辰戦争と歩兵隊

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕府歩兵隊 : 幕末を駆けぬけた兵士集団
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ バクフ ホヘイタイ : バクマツ オ カケヌケタ ヘイシ シュウダン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.11
ページ数 295p
大きさ 18cm
ISBN 4121016734
NCID BA59654191
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20367828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想