「私」の秘密 : 哲学的自我論への誘い

中島義道 著

「私とは何か」と問う者こそが、「私というあり方」をする者である。過去と現在。両立しえない二つの時間をつなぐ能力こそが、「私」である。時間論・身体論との出会いが、「私」という不可思議な存在の謎を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「私とは何か」という問いの特殊性
  • 第2章 知覚の現場に私はいない
  • 第3章 見えるものと見えさせるもの
  • 第4章 想起とその主体としての私
  • 第5章 観念に対する者としての私
  • 第6章 「この」身体から「私の」身体への転換
  • 第7章 他者たちの成立
  • 第8章 不在としての私
  • エピローグ 私の死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「私」の秘密 : 哲学的自我論への誘い
著作者等 中島 義道
書名ヨミ ワタシ ノ ヒミツ : テツガクテキ ジガ ロン エノ サソイ
シリーズ名 講談社選書メチエ 253
出版元 講談社
刊行年月 2002.11
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 4062582538
NCID BA59624634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想