どこまできたか地方自治改革 : 分権改革の意義と第2次分権改革への課題

日本地方自治学会 編著

[目次]

  • 1 特別報告(新世紀における三重のくにづくり)
  • 2 どこまできたか地方自治改革-分権改革の意義と第二次分権改革への課題(地方分権改革と地方税制
  • 分権時代の法環境-都市計画・まちづくり分野から見て ほか)
  • 3 日・韓地方自治交流論文(議員提出条例から見た県議会改革
  • 韓国における地方議会の現状と活性化策)
  • 4 自由課題報告(英国の自治体経営改革の動向-保守党政権による改革の総括と労働党政権が進めるベストバリュー施策の動向
  • 現代デモクラシーのなかの住民投票)
  • 5 書評(秋月謙吾著『行政・地方自治』(東京大学出版会)
  • 初谷勇著『NPO政策の理論と展開』(大阪大学出版会) ほか)
  • 6 学会記事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どこまできたか地方自治改革 : 分権改革の意義と第2次分権改革への課題
著作者等 日本地方自治学会
書名ヨミ ドコマデ キタカ チホウ ジチ カイカク : ブンケン カイカク ノ イギ ト ダイ 2ジ ブンケン カイカク エノ カダイ
シリーズ名 地方自治叢書 15
出版元 敬文堂
刊行年月 2002.11
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 4767001056
NCID BA59614120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20358098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想