近代日本とアイヌ社会

麓慎一 著

近代日本とアイヌの間にはどのような関係が形成され、どのような問題があったのだろうか。これまでのアイヌ史研究の成果を踏まえて、まず、第一に近世日本とアイヌ社会の関係を概括し、第二に近代日本とアイヌ社会の関係を、どのような視点から分析する必要があるのかを検討してみよう。そして、近代日本とアイヌ社会の関係を捉えなおしていきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近世日本とアイヌ社会
  • 近代日本アイヌ史研究の視点
  • 1 「北海道旧土人保護法」
  • 2 帝国議会における「北海道土人保護法案」
  • 3 アイヌ社会と勧農政策
  • 4 共有財産問題とアイヌ
  • 5 「北海道旧土人保護法」制定後のアイヌ社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本とアイヌ社会
著作者等 麓 慎一
書名ヨミ キンダイ ニホン ト アイヌ シャカイ
書名別名 Kindai nihon to ainu shakai
シリーズ名 北海道旧土人保護法 57
日本史リブレット 57
出版元 山川出版社
刊行年月 2002.11
ページ数 96p
大きさ 21cm
ISBN 4634545705
NCID BA59593064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20352057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想