カオスと時系列

松本隆 ほか共著

「カオスとは何か」の問いは、乱雑さのなかに潜んでいる「法則」「構造」を、観測された時系列データ(離散量)から発見すること、と言い換えることもできよう。本書は、決定論的カオスを発見するための数学的/統計的手法としての「関数近似による時系列的予測」に重点を置いて解説されている。この手法は「予測によるシステム制御・管理」、「予測による金融システム管理」等、様々な分野に応用可能である。本分野を学ぼうとする学生はもとより、自然科学・社会科学を問わず「時系列予測」をテーマとして研究、分析にたずさわっている技術者・研究者にも有用な解説書となろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カオスを知る(カオスの定義
  • カオスと分岐)
  • 2 カオスを発見する(時系列と確率過程
  • Fourier変換とパワースペクトル ほか)
  • 3 カオスを予測する(線形近似
  • 非線形近似 ほか)
  • 4 応用の実際(事例研究1:階層ベイズ的カオス時系列予測
  • 事例研究2:空調熱負荷予測 ほか)
  • 5 付録(汎化と次元の呪い
  • サロゲート法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カオスと時系列
著作者等 宮野 尚哉
徳永 隆治
徳田 功
松本 隆
書名ヨミ カオス ト ジケイレツ
シリーズ名 情報数理シリーズ B-7
出版元 培風館
刊行年月 2002.11
ページ数 186p
大きさ 22cm
ISBN 4563014974
NCID BA59546188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想