日本文化論の方法 : 異人と日本文学

安達史人 著

「日本文学は外国をどう意識したか」や「異人と異人は結婚しない論」など、日本文化は、外国や異人との出遇いをどのように認識し、交流し、あるいは非交流し、また表現したのか!異人論の新たな地平を展開する…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本文学は外国をどう意識したか-日本思想の展開
  • 異人の文学-『義経記』の背景
  • 美文の系譜-物語・文学のそうしょころじい
  • "書く"ことの歴史-日本文学表記(エクリチュール)の構造
  • ヴィジュアル版・"書く"ことの歴史-タイポグラフィの展開
  • 吉本隆明『マチウ書試論-反逆の倫理』を読む-キリスト教の思想をどう捉えるか
  • 村上春樹『羊をめぐる冒険』をめぐって-"善き牧者"と聖なる羊
  • 本=宇宙のラビュリントス-19世紀の小説はおもしろい/空想図書館/書評…ほか
  • 編集論-駆け出し読者に捧ぐ
  • "異人と異人は結婚しない"論序説-民族の交流と乖離

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化論の方法 : 異人と日本文学
著作者等 安達 史人
書名ヨミ ニホン ブンカ ロン ノ ホウホウ : イジン ト ニホン ブンガク
出版元 右文書院
刊行年月 2002.10
ページ数 281p
大きさ 20cm
ISBN 4842100265
NCID BA59531001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20439206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想