犯罪被害の回復 : 対案・損害回復

ドイツ対案グループ 著 ; 光藤景皎 ほか共訳

[目次]

  • A 立法提案(行為(Tat)の法的効果としての損害回復
  • 刑事手続における損害回復
  • その他の規定)
  • B 草案の基礎(現代の刑事政策における損害回復の理念
  • 損害回復の現状
  • 刑法体系における損害回復の地位
  • 利益と損失)
  • C 法文と理由(行為の法律効果としての損害回復
  • 刑事手続における損害回復
  • その他の規定)
  • D 外国法における類似制度(ドイツ民主共和国(一九四九‐一九九〇)
  • オーストリア
  • スイス
  • フランス
  • イギリス
  • オランダ
  • アメリカ合衆国)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犯罪被害の回復 : 対案・損害回復
著作者等 ドイツ対案グループ
光藤 景皎
川口 浩一
高橋 則夫
田淵 浩二
山名 京子
書名ヨミ ハンザイ ヒガイ ノ カイフク : タイアン ソンガイ カイフク
書名別名 Alternativ-Entwurf Wiedergutmachung(AE-WGM)

Hanzai higai no kaifuku
出版元 成文堂
刊行年月 2002.10
ページ数 207p
大きさ 22cm
ISBN 4792315956
NCID BA59525938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20344759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想