R-book : 小児感染症の手引き : 日本版  2003

米国小児科学会 編 ; 岡部信彦 監修

本書の内容は、実は感染症の専門家向けではなく、一般小児科医、小児科をローテート中の研修医、学校医・園医、保健担当者、看護師、薬剤師、検査技師、学校関係者、幼稚園、保育園関係者など、小児の診療、保健、予防などに携わる人すべてに向いている。ごく日常的な感染症の診断、治療に必要なことから、臨床の現場での対策(たとえば、隔離、登校、予防法)、地域全体の対策まで網羅されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 能動免疫と受動免疫(ワクチンに関する情報源
  • 患者および保護者への情報 ほか)
  • 2 特殊状況下における小児のケア(生物テロ
  • 血液の安全:輸血由来感染の危険性の減少 ほか)
  • 3 感染症のまとめ(放線菌症(アクチノミセス症)
  • アデノウイルス感染症 ほか)
  • 4 抗菌薬および抗菌薬療法(抗菌薬の適正使用
  • 抗菌薬の投与量 ほか)
  • 5 抗菌薬予防投与(抗菌薬予防投与
  • 小児の術後患者における抗菌薬予防投与 ほか)
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 R-book : 小児感染症の手引き : 日本版
著作者等 American Academy of Pediatrics
アメリカ小児科学会
岡部 信彦
米国小児科学会
書名ヨミ R-book : ショウニ カンセンショウ ノ テビキ : ニホンバン
書名別名 Red book 2003. (26th ed.)
巻冊次 2003
出版元 日本小児医事出版社
刊行年月 2004.10
ページ数 923p
大きさ 23cm
ISBN 4889241493
NCID BA59521937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20670270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想