低地諸国(オランダ・ベルギー)の言語事情 : ゲルマンとラテンの間で

河崎靖, クレインス・フレデリック 著

本書のねらいは、これまで日本ではあまり本格的に扱われることの少なかった「低地諸国(the low countries)」の言語事情について言語学・歴史学的に解説することである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 オランダ語の世界(ゲルマン語の世界-ゲルマン語内でのオランダ語の位置付け
  • オランダ語の歴史
  • 古低フランク語文法表
  • 現代オランダ語ミニ文法)
  • 第2部 ベルギーの言語境界線(カエサルとベルガエ人
  • ローマ文化の影響
  • フランク人の移住
  • ゲルマン民族大移動とゲルマン語化
  • 言語境界地帯の成立
  • フランス語化と言語境界線の移動
  • 言語境界線の確立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 低地諸国(オランダ・ベルギー)の言語事情 : ゲルマンとラテンの間で
著作者等 Cryns, Frederik
河崎 靖
Frederik Cryns
フレデリック クレインス
書名ヨミ テイチ ショコク オランダ ベルギー ノ ゲンゴ ジジョウ : ゲルマン ト ラテン ノ アイダ デ
書名別名 Teichi shokoku oranda berugi no gengo jijo
出版元 大学書林
刊行年月 2002.10
ページ数 140p
大きさ 22cm
ISBN 4475018617
NCID BA59511445
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20347173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想