入門公共経済学

土居丈朗 著

税金はどのように課税するのがよいか?公共投資はどう行えばよいか?実際の政策を直視しながら、公共経済学の理論が体系的に学べるテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 公共経済学とは何か
  • 公共財の供給量を決める
  • 税の望ましい徴収方法(消費課税
  • 所得課税)
  • 法人税の意義
  • 補助金の経済効果
  • 公共料金の決め方
  • 望ましい地方財政の姿
  • 地方財政の分権化
  • 公債の有効活用
  • 年金制度の課題
  • 効率的な公共投資のために
  • 国際課税をどう行うか
  • 地球環境問題
  • 政策決定の政治的影響を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門公共経済学
著作者等 土居 丈朗
書名ヨミ ニュウモン コウキョウ ケイザイガク
出版元 日本評論社
刊行年月 2002.11
ページ数 395p
大きさ 21cm
ISBN 4535552916
NCID BA59509738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20347159
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想