新コーポレート・ガバナンスの読み方・考え方 : 平成14年商法改正対応

末永敏和, 吉本健一 著

本書のテーマであるコーポレート・ガバナンスとは、大規模な公開会社における経営者支配という現実に直面して、会社の業務執行の健全性および効率性を、誰のために、いかに確保するかという議論である。この問題は、市場経済体制をとる各国において、喫緊の課題として論じられ、立法活動が活発に行われている。平成13年・14年に計4回にわたり行われた商法改正後の株式会社の機関構造について、コーポレート・ガバナンスの観点から、その全体像を明らかにするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 平成14年(2002)商法改正の概要(改正の経緯
  • 機関関係の改正 ほか)
  • 第1章 株主総会(機関の意義と分化
  • 株主総会の意義と権限 ほか)
  • 第2章 取締役会および代表取締役(業務執行の意義と業務執行機関の構成
  • 取締役 ほか)
  • 第3章 監査制度(総説-監査制度における規制区分
  • 監査役 ほか)
  • 第4章 委員会等設置会社の特例(平成14年改正)(総説
  • 取締役会および取締役に関する特例 ほか)
  • 終章 結びにかえて(コーポレート・ガバナンスの型-アメリカ型と従来型
  • 検討すべき課題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新コーポレート・ガバナンスの読み方・考え方 : 平成14年商法改正対応
著作者等 吉本 健一
末永 敏和
書名ヨミ シン コーポレート ガバナンス ノ ヨミカタ カンガエカタ : ヘイセイ 14ネン ショウホウ カイセイ タイオウ
出版元 中央経済社
刊行年月 2002.11
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 4502904902
NCID BA59502728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20347560
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想