トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル

Dimitrios Kostopoulos, Konstantine Rizopoulos 著 ; 川喜田健司 訳

本書は、筋筋膜トリガーポイント症候群の診断と治療に関するテキストとして、また、この症候群の治療に関心がある臨床家のための参考書として書かれたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 理論(筋筋膜トリガーポイント:歴史
  • 鍼療法とトリガーポイント療法
  • 筋-神経生理学と筋収縮
  • 筋筋膜トリガーポイントの発生病理 ほか)
  • 第2部 筋(頸椎部
  • 肩部
  • 上肢部
  • 腹部 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル
著作者等 Kostopoulos, Dimitrios
Rizopoulos, Konstantine
川喜田 健司
書名ヨミ トリガー ポイント ト キンキンマク リョウホウ マニュアル
書名別名 The manual of trigger point and myofascial therapy
出版元 医道の日本社
刊行年月 2002.8
ページ数 212p
大きさ 26cm
ISBN 4752930641
NCID BA59490560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20419432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想