バルカン戦争

レオン・トロツキー 著 ; 清水昭雄 訳

2度にわたるバルカン戦争(1912‐13年)に戦争特派員としてバルカンに赴いたトロツキーは、みずから面会したバルカン諸国の政治家、将校、兵士、負傷者、捕虜たちの口をつうじて、戦争サディズム、戦場での兵士の心理、短期間のうちに殺人鬼と化す兵士の堕落、戦争後のコレラの蔓延…、そして、こんにちなおバルカン問題の根底にある民族問題解決の道筋を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦争の入口で(バルカン問題
  • バルカン諸国と社会主義
  • ブルガリア民主主義の謎)
  • 第2部 戦争(戦時下のセルビア
  • 戦時下のブルガリア第一期-トルコに対する同盟
  • 戦争参加者の物語 ほか)
  • 第3部 戦後のルーマニア(最初の印象
  • ルーマニア・ブルガリア関係
  • 改革をめぐって ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルカン戦争
著作者等 Trotsky, Leon
Trot︠s︡kiĭ, Lev Davidovich
清水 昭雄
トロツキー レオン
書名ヨミ バルカン センソウ
書名別名 Balkani i Balkanskaja Voina
出版元 柘植書房新社
刊行年月 2002.11
ページ数 646p
大きさ 22cm
ISBN 4806804835
NCID BA59479262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20471652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想