ニコラウス・アーノンクール

モーニカ・メルトル 著 ; 小谷民菜 訳

なぜ古楽器を用いるのか。理論と実践の真の統合を体現する音楽家初の本格的評伝。詳細な年譜付き。完全版ディスコグラフィ付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 心の準備のために
  • ド・ラ・フォンテーヌ・ウント・ウンフェアツァークト
  • 心の思考によって
  • 旅の途上で
  • ドゥルシネーアとサンチョ・パンサ
  • 男と女、女と男
  • 私事!
  • スカラ座でデビューしないなんて!気質の問題
  • 「オーストリアの宿命」?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニコラウス・アーノンクール
著作者等 Mertl, Monika
小谷 民菜
メルトル モーニカ
書名ヨミ ニコラウス アーノンクール : ミトウ ノ リョウイキ エノ タンキュウシャ
書名別名 Vom Denken des Herzens

未踏の領域への探求者
出版元 音楽之友社
刊行年月 2002.11
ページ数 381, 21p 図版32p
大きさ 22cm
ISBN 4276217369
NCID BA59439508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20354348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想