福祉財政論

齊藤愼, 山本栄一, 一圓光彌 編

少子高齢化の急速な進展とバブル崩壊後の経済の低成長化によって、社会保障の財源問題が深刻となっており、戦後構築されてきた現行制度の持続可能性が問われている。本書では、福祉政策を規定する主たる要因が経済と財政構造にあることをあきらかにして、今後の福祉と財源をまかなう財政のあるべき方向を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 福祉財政の枠組み(福祉財政における政府部門の役割
  • 福祉の制度体系と運営主体の役割
  • 財政負担と地域間の公平性
  • 福祉国家・福祉財政の国際比較)
  • 第2部 福祉財政の諸問題(財政構造改革と社会保障支出
  • 社会福祉の担い手としてのNPO
  • 年金改革
  • 医療保険改革 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉財政論
著作者等 一円 光弥
山本 栄一
斉藤 慎
齊藤 慎
書名ヨミ フクシ ザイセイ ロン : フクシ セイサク ノ カダイ ト ショウライ コウソウ
書名別名 福祉政策の課題と将来構想

Fukushi zaisei ron
シリーズ名 有斐閣ブックス
出版元 有斐閣
刊行年月 2002.10
ページ数 260p
大きさ 22cm
ISBN 464108677X
NCID BA59427892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想