京都の女性史

京都橘女子大学女性歴史文化研究所 編

本書は、京の歴史的あゆみを視野に入れながら、古代、中世、近世、近代のそれぞれの時代に京に関わりを持った多様な女性の生き方を跡付ける内容となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 藤原寛子とその時代
  • 藤原道綱母から菅原孝標女へ-利用された大嘗会の御禊の意味
  • 戦国期の「家」と女性-細川ガラシャの役割
  • 近松半二の作品にみる「京鹿子娘道成寺」と富十郎の芸の摂取
  • 娼妓と遊客-近代京都の遊郭
  • 京都大学最初の中国人留学生-「女性の権利」の訳者馬君武
  • 小笛事件と山本禾太郎
  • 戦間期京都における婦人運動-榊原弥生を中心に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都の女性史
著作者等 京都橘女子大学女性歴史文化研究所
光田 京子
増渕 徹
小野 和子
林 久美子
横田 冬彦
田端 泰子
細川 涼一
鈴木 紀子
書名ヨミ キョウト ノ ジョセイシ
出版元 思文閣
刊行年月 2002.10
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4784211233
NCID BA59407363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想