家族 : 世紀を超えて

比較家族史学会 編

離婚や非婚の増加、少子高齢化、少年犯罪の問題等、大きな不安の中にいる家族。法学、社会学、歴史学、民族学等学際的な研究により、家族の揺らぎと新しいあり方を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「家族」研究の軌跡と現状(第二次大戦後における家族と法-『家』制度研究から家族政策の研究へ
  • 幕末維新期における家の変化-大イエから小イエへ
  • 日本中世の「家」の成立と妻の位置
  • 歴史民族学からみた日本の家族慣習
  • 日本の家と家族-比較家族史研究の視角から)
  • 第2部 世紀を超えて(家族史の新しい文脈-世紀を超えて
  • 家族(親族)研究の終焉と新環境下の「家族」
  • 人口転換と家族-家族の画一化、そして多様化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族 : 世紀を超えて
著作者等 比較家族史学会
書名ヨミ カゾク : セイキ オ コエテ
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2002.11
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 4818814539
NCID BA59401210
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20345365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想