縄文の生活誌

岡村道雄 著

何万年前から、列島に人類は住みはじめたのか?大陸・東アジアとの交流は?後期旧石器時代人の「遊動生活」から縄文人の豊かな「定住生活」までを探る。食料の栽培・貯蔵技術を持ち、自然の恵みとともに生きた人びとの衣食住や生と死までを三内丸山遺跡などの復元を通して再現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 列島最古の文化を求めて
  • 第2章 「新人」たちの登場-後期旧石器時代
  • 第3章 縄文文化の成立
  • 第4章 三内丸山遺跡の生活誌
  • 第5章 関東・中部地方の縄文集落
  • 第6章 縄文人の一年-前期・中期定住社会の生活基盤
  • 第7章 縄文人の一生-生と死と祈りの心情
  • 第8章 大規模集落の解体と祭祀的社会
  • 第9章 「縄文時代の終わり」は、何を意味するか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 縄文の生活誌
著作者等 岡村 道雄
書名ヨミ ジョウモン ノ セイカツシ
シリーズ名 日本の歴史 第1巻
出版元 講談社
刊行年月 2002.11
版表示 改訂版.
ページ数 374p
大きさ 20cm
付随資料 12p.
ISBN 406268926X
NCID BA59386194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20441637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想