間テクスト性 : 文学・文化研究の新展開

グレアム・アレン 著 ; 森田孟 訳

本書は、"批評"の専門用語の定義を提供しながら、20世紀の最後の数十年間に、文学・文化研究の領域で起きた急激な変化を明確にしようとするものである。現在使われている批評用語のなかでも、「間テクスト性」(Intertextuality)という用語がどのようにして生まれ、その後、構造主義、ポスト構造主義、また、フェミニズムやポスト・コロニアリズムなど、それぞれの立場の理論家たちがどのようにこの用語を使用してきたのか、各理論の要点も紹介しながら、わかりやすくまとめている。文学・文化研究の領域における最新の展開を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 起源-ソシュール、バフチン、クリステヴァ(関連語-ソシュール
  • 社会語-バフチン ほか)
  • 第2章 解き放たれたテクスト-バルト(作品からテクストへ
  • 著者の死 ほか)
  • 第3章 構造主義の接近法-ジュネットとリファテール(構造主義詩学-ジュネット
  • 超越テクスト性 ほか)
  • 第4章 位置付けられた読者たち-ブルーム、男女同権主義、ポスト植民地支配主義(影響再訪-ブルーム
  • 誤読の地図作り ほか)
  • 第5章 ポスト現代の結論(文学以外の芸術における"間テクスト性"
  • ポスト現代主義と"間テクスト性" ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 間テクスト性 : 文学・文化研究の新展開
著作者等 Allen, Graham
森田 孟
アレン グレアム
書名ヨミ カン テクストセイ : ブンガク ブンカ ケンキュウ ノ シンテンカイ
書名別名 Intertextuality

Kan tekusutosei
出版元 研究社
刊行年月 2002.10
ページ数 292p
大きさ 21cm
ISBN 4327472042
NCID BA59369515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20348142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想