東西医学の交差点 : その源流と現代における九つの診断系

秋葉哲生 著

[目次]

  • 第1章 江戸初期にみる蘭漢医学小史-オランダ医学の影響から西洋医学と漢方医学の交差点を探る(中国医学の伝来と漢方医学
  • 時代の思想と時代の医学
  • 近世における漢方の変遷
  • 幕末から近代の漢方医学 ほか)
  • 第2章 九つの診断系-漢方医学から西洋医学への筋道(診断系概説
  • 「薬方の出典の記載」
  • 「腹候」
  • 「気・血・水」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東西医学の交差点 : その源流と現代における九つの診断系
著作者等 秋葉 哲生
書名ヨミ トウザイ イガク ノ コウサテン : ソノ ゲンリュウ ト ゲンダイ ニ オケル ココノツ ノ シンダンケイ
出版元 丸善プラネット : 丸善出版事業部
刊行年月 2002.9
ページ数 147p
大きさ 22cm
ISBN 490168907X
NCID BA59337202
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想