ホルモン発達のなぞ : 環境ホルモンを理解する近道

江口保暢 著

本書は、胎児期にホルモンがいつ頃から作り出され、どのように働き、その働きは出生前後でどんなに変化し、乳幼児期ではどう働き、思春期までにどう変化し、おとなのホルモンに発達して行くのかを、平易、かつ簡明に述べたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ホルモンとは何か?
  • 1章 胎盤の仕組みと働き
  • 2章 ホルモンの中枢
  • 3章 膵臓ホルモン発達のなぞ
  • 4章 甲状腺ホルモン発達のなぞ
  • 5章 副腎皮質ホルモン発達のなぞ
  • 6章 性ホルモン発達のなぞ
  • 7章 脳の性分化とストレスの性差
  • 8章 環境ホルモンのなぞ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホルモン発達のなぞ : 環境ホルモンを理解する近道
著作者等 江口 保暢
書名ヨミ ホルモン ハッタツ ノ ナゾ : カンキョウ ホルモン オ リカイスル チカミチ
出版元 医歯薬
刊行年月 2002.9
ページ数 200p
大きさ 21cm
ISBN 4263201728
NCID BA59330098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20328903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想