グラウンデッドセオリー法を用いた看護研究のプロセス

山本則子 ほか著

[目次]

  • 第1章 Grounded Theory Approachとは。そして看護学にいかに用いるか(Grounded Theory Approachとは
  • 看護学でGrounded Theory Approachをいかに用いるか)
  • 第2章 研究を進めるプロセス-私たちの経験から(リサーチ・クエスチョン
  • 理論的前提
  • 研究デザイン ほか)
  • 第3章 分析の実際(オープンコーディングと軸足(Axial)コーディングの実際-第19回日本看護科学学会学術集会交流集会から
  • オープンコーディングと文脈の対話-第20回日本看護科学学会学術集会交流集会から
  • 2つの交流集会を振り返って)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グラウンデッドセオリー法を用いた看護研究のプロセス
著作者等 山本 則子
大川 貴子
太田 喜久子
萱間 真美
書名ヨミ グラウンデッド セオリーホウ オ モチイタ カンゴ ケンキュウ ノ プロセス
出版元 文光堂
刊行年月 2002.10
ページ数 167p
大きさ 26cm
ISBN 4830646292
NCID BA59305705
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20344779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想