ホスピスという力 : 死のケアとはなにか

米沢慧 著

ホスピスの誕生から現在までの歩みを検証し、その可能性を探り、ひいては理想的な医療のあり方も模索する。ホスピスケアの本質に深く言及した根源的なホスピス考察論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ホスピスという磁場(ホスピスというミッション
  • 死の医療化と脱病院化
  • 死の過程と臨死の位相)
  • 第2部 ホスピスという臨床(ホスピス医の臨床
  • モルヒネという思想
  • ようこそ、ホスピスへ)
  • 第3部 ホスピスという力(いのちの位相をめぐって
  • いのちの深さ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホスピスという力 : 死のケアとはなにか
著作者等 米沢 慧
書名ヨミ ホスピス ト ユウ チカラ : イノチ ノ ケア トワ ナニカ
出版元 日本医療
刊行年月 2002.10
ページ数 236p
大きさ 20cm
ISBN 4890415734
NCID BA59305680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想