他者の喪失から感受へ : 近代の教育装置を超えて

田中智志 著

教育装置、近代的教育学の枠組が大きく揺らいでいる現在、どんな教育、どんな教師が求められるのか。社会の機能的分化の進行と80年代以降の子どもの変容。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 教育システムに寄生する-他者を喪う社会
  • 第1章 喪われる権威-なぜ教育は難しいのか
  • 第2章 伝達という幻想-言葉は伝わらない
  • 第3章 教授のない教育-むだはむだではない
  • 第4章 喪われゆく他者-匿名性が生みだす暴力
  • 第5章 他者への教育-ニヒリズムを反転させる脱構築
  • 第6章 存在を感受する-悲劇の感覚、驚異の感覚

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他者の喪失から感受へ : 近代の教育装置を超えて
著作者等 田中 智志
書名ヨミ タシャ ノ ソウシツ カラ カンジュ エ : キンダイ ノ キョウイク ソウチ オ コエテ
シリーズ名 教育思想双書 1
出版元 勁草書房
刊行年月 2002.10
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 4326298731
NCID BA59287261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20341783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想