歴史の意味とその行方

高坂正顕 著 ; 高坂史朗 編・解説

「世界性に開かれた民族性、民族性につつみこまれた世界性」という実践的な問題意識とともに、歴史における人間主体の「時代に対する決断」の領域にも迫る高坂正顕の歴史哲学の真髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史哲学と政治哲学(現代の精神史的意義
  • 歴史的普遍と世界の動向
  • 政治と悲劇
  • ヒューマニズムと世界人
  • 歴史哲学と政治哲学)
  • 第2部 歴史の意味とその行方(歴史の動力
  • 歴史の主体
  • 歴史の終末
  • 歴史の行方
  • 歴史の意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の意味とその行方
著作者等 高坂 史朗
高坂 正顕
書名ヨミ レキシ ノ イミ ト ソノ ユクエ
シリーズ名 戦後日本思想の原点 33
こぶし文庫 33
出版元 こぶし書房
刊行年月 2002.10
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 4875591721
NCID BA59276924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20333695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想