ドレフュス事件のなかの科学

菅野賢治 著

一人の無実のユダヤ人をスパイに仕立てあげるために、筆相学、心理学、人類学、人体測定法などの「先端科学」が動員された。社会学、統計学、生理学、考古学、言語学、精神分析、数学、心霊学…も無罪といえるのか。フランスの国論を二分した冤罪事件を、豊富な資料で全く新しい角度から浮かび上がらせ、人間科学の歴史を塗りかえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ドレフュス有罪の根拠
  • 第1章 測定された犯罪
  • 第2章 心理学上の有罪
  • 第3章 生体の比喩
  • 第4章 魂に触れたメス
  • 第5章 考古学としての反ユダヤ主義
  • 第6章 資料の意味
  • 終章 科学と非科学のはざまに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドレフュス事件のなかの科学
著作者等 菅野 賢治
書名ヨミ ドレフュス ジケン ノ ナカ ノ カガク
書名別名 Dorefyusu jiken no naka no kagaku
出版元 青土社
刊行年月 2002.11
ページ数 436, 34p
大きさ 20cm
ISBN 4791759990
NCID BA59263966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20437859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想