摂関政治と王朝文化

加藤友康 編

宮廷を支えた摂関政治とはどのようなものか。藤原氏の全盛から衰退まで、貴族社会を解明する。武士の形成、都市と農村の文化交流、女性の役割、東アジア世界の動向にも説き及び、華麗な王朝文化の背景とその特質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 摂関政治と王朝文化
  • 1 摂関期の地方社会
  • 2 武門の形成
  • 3 王朝都市と農村の交流
  • 4 王朝の仏教と文化
  • 5 平安の都と鄙の女性たち
  • 6 日宋貿易の展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摂関政治と王朝文化
著作者等 加藤 友康
勝浦 令子
小林 昌二
山内 晋次
川尻 秋生
服藤 早苗
石上 英一
西山 良平
書名ヨミ セッカン セイジ ト オウチョウ ブンカ
シリーズ名 日本の時代史 / 石上英一 ほか企画編集 6
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.11
ページ数 319, 19p
大きさ 22cm
ISBN 4642008063
NCID BA59243051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20345337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想