大衆新聞がつくる明治の<日本>

山田俊治 著

文明開化の時代、身近に迫る大きな変革の波を、人びとはどのように知り、どう受け止めたのか。同時代に大衆向けに刊行された『読売新聞』等の記事を詳細に分析すると、明治という国家を受け入れようと悪戦苦闘する人びとの姿が浮かんでくる。新しい国家像を受容し、国民に作り替えられていく人びとの姿を描き出し、明治国家の形成に及ぼした大衆新聞の影響力を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大衆新聞『読売新聞』の出現
  • 第1章 『読売新聞』の位置
  • 第2章 明治という国家の支配の網目
  • 第3章 識字社会の様態
  • 第4章 「事実」の時代
  • 第5章 物語としての新聞
  • 第6章 読者の欲望の行方
  • 第7章 懲戒する新聞
  • 第8章 スキャンダラスな眼差し
  • 終章 表象のなかの近代社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大衆新聞がつくる明治の<日本>
著作者等 山田 俊治
書名ヨミ タイシュウ シンブン ガ ツクル メイジ ノ ニホン
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.10
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4140019522
NCID BA59239699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想