心臓血管外科ハンドブック : 病棟必携

末田泰二郎 編著

本書は学理的な記述は一切はぶき、心臓血管外科の日常診療において必須の診療技術や知識について、箇条書きにして記載。そして、最低限の知識と技術について確認するためのマニュアルとなることを目指した。また、巻末には心臓外科領域における使用薬剤の一式ならびに心臓血管外科で必要な用語について記載している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心疾患手術患者のルーチンワーク
  • 手術前後の検査と評価
  • 冠動脈造影法の実際
  • 左心・右心カテーテル
  • 電気生理学的検査の実際
  • 心臓疾患に関連した合併症の診断、治療
  • 開心術のルーチンワーク
  • 体外循環
  • 自己血輸血(術前自己血貯血および術中自己血回収)
  • 術後早期の管理〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心臓血管外科ハンドブック : 病棟必携
著作者等 末田 泰二郎
書名ヨミ シンゾウ ケッカン ゲカ ハンドブック : ビョウトウ ヒッケイ
出版元 南江堂
刊行年月 2002.10
ページ数 169p
大きさ 18cm
ISBN 4524235116
NCID BA59239542
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想