マスコミの倫理学

柏倉康夫 著

報道優先か人命尊重か、松本サリン事件の教訓、実名報道か匿名報道か、性差別の現状、絵本「ちびくろさんぼ」再版論争、視聴率と視聴質、瀋陽事件とテレビ、戦争報道と検閲、テレビは戦争をどう伝えたか…。われわれ報道の受け手に大きなインパクトを与える「マスコミ報道」は、倫理的には本来どうあるべきなのか?世間を騒がせたいくつもの社会事件を取り上げながらマスコミ倫理を多角的に探る。一般人向けのみならず、大学テキストとしても最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 報道優先か人命尊重か
  • デジタル時代の報道写真
  • 松本サリン事件の教訓
  • 犯罪報道のあり方
  • 記者クラブ制度
  • ジェンダーを考える
  • 絵本『ちびくろさんぼ』再版論争
  • 視聴率の実態
  • 瀋陽事件とテレビ
  • 戦争報道と検閲
  • マスメディアは戦争をどう伝えたか
  • 報道の自由と人権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マスコミの倫理学
著作者等 柏倉 康夫
書名ヨミ マスコミ ノ リンリガク
シリーズ名 現代社会の倫理を考える / 加藤尚武, 立花隆 監修 第9巻
出版元 丸善出版事業部
刊行年月 2002.10
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 4621071009
NCID BA59238969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想