鳥居

稲田智宏 著

鳥居とはいったい何だろうか。日本全国およそどんな地域でも目にすることができ、当たり前のように視界に入ってくるため人は鳥居を特別意識することがない。しかし近年、その鳥居が大きく取り沙汰されるある問題が起こった…。普段見慣れているものを見直すことによって見えてくる世界。様々な種類の鳥居の魅力、日本神話の中の鳥と柱との関係、そして鳥居とは何か。気鋭の研究者が考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鳥居と日本(鳥居をくぐって見えてくるもの
  • 見慣れているものを見直してみる ほか)
  • 第2章 バラエティーに富む鳥居の魅力(神明系鳥居
  • 明神系鳥居)
  • 第3章 日本最古の鳥居から三柱鳥居まで(一本足鳥居
  • 埋没鳥居 ほか)
  • 第4章 鳥居のルーツを探る(鳥居をくぐることの意味
  • 小さな擬死再生儀礼 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥居
著作者等 稲田 智宏
書名ヨミ トリイ
書名別名 Torii
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2002.10
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4334031676
NCID BA59224669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想