パーソンズと社会学理論の現在 : T・Pと呼ばれた知の領域について

油井清光 著

近代を生き尽くすことで近代を踏み破る可能性を開示するT・P=タルコット・パーソンズ。この知的巨人の営みを、アーカイブズに眠っていた未公刊草稿に光をあてることで、クリティカルな論争の場の最前線から捉え直す意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パーソンズの"失われたジンメル論"-或る未公刊草稿をめぐって
  • 第2章 もうひとつの収斂-シカゴ学派、ジンメル、そしてパーソンズ
  • 第3章 現代アメリカの「文化」とパーソンズ
  • 第4章 パーソンズにおける「社会的共同体」と公共性
  • 第5章 収斂理論そして/あるいは近代の収斂
  • 第6章 社会学と国民国家そしてグローバリゼーション
  • 第7章 ナショナリズムとホロコースト-もう一人のパーソンズをもとめて
  • 第8章 パーソンズとデモクラシー-「状況の定義」としての社会危機
  • 第9章 アメリカに死す-ウォーナーと二人のパーソンズ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パーソンズと社会学理論の現在 : T・Pと呼ばれた知の領域について
著作者等 油井 清光
書名ヨミ パーソンズ ト シャカイガク リロン ノ ゲンザイ : T P ト ヨバレタ チ ノ リョウイキ ニ ツイテ
書名別名 Pasonzu to shakaigaku riron no genzai
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2002.10
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 4790709604
NCID BA59203964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20341617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想