ドゥルーズ : 解けない問いを生きる

檜垣立哉 著

いま必要な哲学とは何か。「問いが解けない」という事態をどうとらえるか。生命科学の時代に対応するドゥルーズ哲学の核心をクリアに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに-解けない問いがあらわになってくること(哲学とは何か
  • ドゥルーズと哲学
  • いまという時代 ほか)
  • 2 世界とは解けない問いである-ドゥルーズの<哲学>素描(世界とは卵(ラン)である
  • 生成する流れの論理
  • 異質的な連続性 ほか)
  • 3 「私」ではない「個体」が生きること-結論に代えて(ドゥルーズの倫理
  • 個体と生
  • 個体には固有性も中心もない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドゥルーズ : 解けない問いを生きる
著作者等 檜垣 立哉
書名ヨミ ドゥルーズ : トケナイ トイ オ イキル
シリーズ名 シリーズ・哲学のエッセンス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2002.10
ページ数 126p
大きさ 19cm
ISBN 4140093013
NCID BA5920251X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想