公共の哲学

片岡寛光 著

プラトン、アリストテレスからハーバーマス、アレントまで、そして老子、孔子から西田幾多郎、三木清までの西洋思想と東洋思想を渉猟し、公共性の可能性を追求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人間と社会
  • 第2章 公共性の思想の系譜
  • 第3章 生活圏と公共空間
  • 第4章 公共性の位相
  • 第5章 公共性と責任
  • 第6章 公共性と倫理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共の哲学
著作者等 片岡 寛光
書名ヨミ コウキョウ ノ テツガク
書名別名 Kokyo no tetsugaku
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 2002.10
ページ数 244, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4657029258
NCID BA59200933
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20367606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想