日本廻国記一宮巡歴

川村二郎 著

一九七八年、"中世の語り物"への興味から発起し、九年の歳月をかけて巡歴した、全国六十八ヵ所の一宮参拝。土地に結びついた神秘と交感したいという著者は、地方色に富んだ風景にとけこみ、神社の結構や佇いを詳細に描写し、記紀や民間伝承文芸等の叙述をふまえて、地神・外来神など、祭神の関係をつづる。人々と祭神の関わりのなかに、日本文化の根底を見すえる傑作紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三河から東海道を下る
  • 第2章 東北から東山道を上る
  • 第3章 北陸道を下る
  • 第4章 尾張から畿内へ
  • 第5章 山陰道を北へ、隠岐の島まで
  • 第6章 山陽道を西へ行く
  • 第7章 南海道一周
  • 第8章 西海道を一巡して壱岐対馬まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本廻国記一宮巡歴
著作者等 川村 二郎
書名ヨミ ニホン カイコクキ イチノミヤ ジュンレキ
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.10
ページ数 354p
大きさ 16cm
ISBN 4061983105
NCID BA59200059
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20321663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想