和歌を歴史から読む : 和歌文学会論集

兼築信行, 田渕句美子 責任編集

和歌を「歴史」との往還の中でダイナミックに捉え直し和歌を支えたシステム・基盤の位相を解析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 和歌の歴史、歴史の和歌
  • 磐姫皇后歌群の形成-『万葉集』巻第二、巻頭歌群の形成と史的背景
  • 尚歯会の系譜-漢詩から和歌へ
  • 儀式の場と和歌の地位-天徳内裏歌合をめぐって
  • 和歌が語る婚姻史-師輔集を通して
  • 和歌における装飾-『蜻蛉日貴』『源氏物語』の「陸奥紙」再見
  • 披講所役の史的展開-「発声」の登場
  • 歌合の構造-女房歌人の位置
  • 歌人たちと社会-七条院とその周辺
  • 歌道家の人々と公家政権-「延慶両卿訴陳」をめぐって〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和歌を歴史から読む : 和歌文学会論集
著作者等 兼築 信行
田渕 句美子
書名ヨミ ワカ オ レキシ カラ ヨム : ワカ ブンガッカイ ロンシュウ
書名別名 Waka o rekishi kara yomu
出版元 笠間書院
刊行年月 2002.10
ページ数 323p
大きさ 22cm
ISBN 4305401142
NCID BA59194772
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20452821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想