見えざる敵ウイルス : その自然誌

ドロシー・H.クローフォード 著 ; 寺嶋英志 訳

天然痘、インフルエンザ、出血熱、エイズ、BSE…。都市化・環境汚染など現代文明を鋭く反映させるウイルスの猛威に、人類と科学はどう闘ってきたのか。殺し屋ウイルスの生態・仕組み・その威力を徹底的に解明するウイルス学の現在。明快で優れた最新サイエンス読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はしがき 死のパラサイト
  • 1 黴菌、細菌、微生物
  • 2 新顔か、変装した古顔の敵か?
  • 3 咳とくしゃみが病気を広げる
  • 4 愛とは違い、ヘルペスは永遠に
  • 5 ウイルスと癌
  • 6 治療法を求めて
  • 結論 未来-敵か、味方か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見えざる敵ウイルス : その自然誌
著作者等 Crawford, Dorothy H
寺嶋 英志
Crawford Dorothy H.
クローフォード ドロシー・H.
書名ヨミ ミエザル テキ ウイルス : ソノ シゼンシ
書名別名 The invisible enemy

Miezaru teki uirusu
出版元 青土社
刊行年月 2002.11
ページ数 313, 21p
大きさ 20cm
ISBN 4791759966
NCID BA59176668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20436230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想