王の肖像 : 権力と表象の歴史的哲学的考察

ルイ・マラン 著 ; 渡辺香根夫 訳

ルイ・マランの権力批判。「国家、それは私である」-絶対君主・ルイ十四世治下の表象世界(王の正史・記念メダル・寓話・地図・宮廷娯楽等々)の記号論的分析を通して、「王」とは王の「肖像」(権力の表象)にほかならないことを鋭く抉り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 三つの定式
  • 序曲 王あるいは正義とされた力パスカルの評釈
  • 第1幕 「国家、それは私である」あるいは王の語り
  • 間奏曲 追従者の言説あるいは王の称揚
  • 第2幕 「これは私のからだである」あるいは秘跡による王
  • 間奏曲 王の貨幣と君主の肖像
  • 第3幕 「カエサルの肖像はカエサルである」あるいは額縁のなかの王
  • フィナーレ 合法的簒奪者あるいは遭難者・王

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王の肖像 : 権力と表象の歴史的哲学的考察
著作者等 Marin, Louis
渡辺 香根夫
マラン ルイ
書名ヨミ オウ ノ ショウゾウ : ケンリョク ト ヒョウショウ ノ レキシテキ テツガクテキ コウサツ
書名別名 Le portrait du roi

O no shozo
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 749
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.10
ページ数 411, 39p
大きさ 20cm
ISBN 4588007491
NCID BA59170617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想