大学受験のための小説講義

石原千秋 著

毎年、数十万人もが受験する「大学入試センター試験」の国語には、小説問題が必ず出題される。しかし、これらの問題には高校の授業では教えてくれないルールが隠されていて、選択肢もそのルールをふまえた五つの法則によって作られているから、それを知らなければ太刀打ちできないのだ。また、国公立大学の二次試験にも小説問題が出題されるが、これもそのルールを前提とした独特の読解法が求められている。本書では、最近の受験小説の中から代表的な問題を選び、入試国語の隠されたルールを暴きながら、独自の読解法をあなただけに伝授する。もう一度、小説の醍醐味を味わいたいと思っている社会人にも必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 小説は何を読むのか、あるいは小説は読めない
  • 第1部 小説とはどういうものか-センター試験を解く(学校空間と小説、あるいは受験小説のルールを暴く
  • 崩れゆく母、あるいは記号の迷路
  • 物語文、あるいは消去法との闘争)
  • 第2部 物語と小説はどう違うのか-国公立大学二次試験を解く(物語を読むこと、あるいは先を急ぐ旅
  • 小説的物語を読むこと、あるいは恋は時間を忘れさせる
  • 物語的小説を読むこと、あるいは重なり合う時間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学受験のための小説講義
著作者等 石原 千秋
書名ヨミ ダイガク ジュケン ノ タメノ ショウセツ コウギ
書名別名 Daigaku juken no tameno shosetsu kogi
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.10
ページ数 316p
大きさ 18cm
ISBN 4480059717
NCID BA59169028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20336334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想