企業評価のための環境会計

水口剛 著

本書では、日本の環境会計の生成過程、環境省の2002年版ガイドライン、環境保全コストと効果の対比の実現可能性、ソーシャル・インベストメントやエコファンドと環境会計との関係・役割などの論点を順に検討することで、環境経営度評価のインフラとなる「企業評価のための環境会計」の輪郭を描いていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 環境と経営の新しい関係
  • 第2章 ソーシャル・インベストメントとエコファンド
  • 第3章 環境報告書から環境会計へ-日本型環境会計の生成
  • 第4章 環境保全コストと環境保全効果-フレームワークの再検討
  • 第5章 環境会計と企業の評価
  • 第6章 経営管理に役立つ環境会計
  • 第7章 環境会計の革新-環境経営評価のための計算書体系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業評価のための環境会計
著作者等 水口 剛
書名ヨミ キギョウ ヒョウカ ノ タメノ カンキョウ カイケイ
書名別名 Kigyo hyoka no tameno kankyo kaikei
出版元 中央経済社
刊行年月 2002.10
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 4502192902
NCID BA59161423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想