四代の天皇と女性たち

小田部雄次 著

明治天皇が五人の側室を持ったのは好色のせいではない。次代の天皇たる皇子が皇后に生まれなかったからである。大正天皇と貞明皇后は四人の皇子に恵まれたが、天皇は病弱で国権の総攬者としての役割を果たせず、皇后の苦心はひと通りではなかった。昭和天皇は心身ともに健康だったが、皇子がなかなか誕生せず、側室を置こうとする動きさえ現れた。天皇は男系の男子皇族でなければならないという掟から生ずる数々の難問。そして、いま女帝論が…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治の皇后と権典侍たち(五人の側室と十五人の皇子女
  • 歴代天皇の配偶者と皇子女
  • 昭憲皇太后
  • 法律の中の皇子女たち
  • 廃妾論)
  • 2 病弱な天皇の時代(大正天皇像の再検討
  • 大正天皇と貞明皇后)
  • 3 激動する皇室と女帝論(裕仁皇太子の後宮改革
  • 新皇室典範と后妃たち
  • 女帝論の台頭)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四代の天皇と女性たち
著作者等 小田部 雄次
書名ヨミ ヨンダイ ノ テンノウ ト ジョセイタチ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2002.10
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 416660273X
NCID BA59160078
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20337561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想