駅前旅館に泊まるローカル線の旅

大穂耕一郎 文

ローカル線に乗って、ぶらり一人旅。見知らぬ駅に降り立ち駅前旅館で荷物を解いて、ホッと一息。その土地の方言に接し、人情にふれる、そんな体験ができるのが駅前旅館。一泊二食付6000円は、あたりまえ!そこには豪華な夕食も露天風呂もないが、どこか懐かしく心が和むパラダイス。かつては鉄道や地場産業の発展とともに繁昌した駅前旅館が、いまも元気に営業している姿を全国にたずね歩く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 駅前旅館に出会ったころ(初めて泊まった駅前旅館-中央本線韮崎駅・万屋旅館
  • ツーリング時代の宿-滋賀県浅井町・高佐屋/北海道留寿都・寿楽荘)
  • 第1章 駅前旅館の雑学的考察(駅前旅館とその他の宿泊施設の違い
  • 駅前旅館の建つ場所
  • 駅前旅館の宿泊心得
  • 駅前旅館の利用者 ほか)
  • 第2章 駅前旅館旅日記(姨捨の思い出-篠ノ井線姨捨駅・旧青木屋旅館
  • 鉄道開業と駅前旅館-中央本線富士見駅・油屋/越後線分水駅・山甚旅館
  • 八高線と駅前旅館
  • 飯田線と駅前旅館 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駅前旅館に泊まるローカル線の旅
著作者等 大穂 耕一郎
書名ヨミ エキマエ リョカン ニ トマル ローカルセン ノ タビ
書名別名 Ekimae ryokan ni tomaru rokarusen no tabi
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.10
ページ数 312p
大きさ 15cm
ISBN 4480037756
NCID BA59148877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20333839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想