「テロとの戦争」とは何か : 9.11以後の世界

西谷修 著

「テロとの戦争」の当面の結果が、アフガニスタンの徹底的な破壊であり、さらには「最悪」を更新し続けるパレスチナの惨状である。「テロリスト」ならどんな手段で撲滅してもかまわない、いや「文明世界」の安全のために殲滅しなければならない。ブッシュとその仲間がそう宣言し、世界の主要国の首脳たちがそれを認めて以来、すでに虐殺の責任を問われているアリエル・シャロンのような人物が、大手を振って「正義」を執行する。9.11以後の世界の変質に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • これは「戦争」ではない-世界新秩序とその果実
  • ヴァーチャル植民地としての世界
  • アメリカの崩壊が始まった-「報復戦争」の文明論
  • 恐怖との戦争-グローバリゼーション下の安全保障体制
  • カンダハルに降る義足の雨
  • ウンタマギルーの眉間の槍
  • フォンタナ広場を掠めた妖怪
  • イスラエルにおける「テロとの戦争」
  • マンハッタンの晴れない霧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「テロとの戦争」とは何か : 9.11以後の世界
著作者等 西谷 修
書名ヨミ テロ トノ センソウ トワ ナニカ : 9.11 イゴ ノ セカイ
書名別名 Tero tono senso towa nanika
出版元 以文社
刊行年月 2002.9
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 475310222X
NCID BA59122771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想