姿としぐさの中世史 : 絵図と絵巻の風景から

黒田日出男 著

中世の人々は、いかに争闘し、苦悩し、享楽し、生き、死んでいったか。嗅ぐ、触れる、性愛、排泄、女、老人、子ども、履物、装い、遊戯、作法、儀礼、信仰、呪術、地獄…。絵巻物や絵図が語りかける、社会関係から日常生活の細部にわたる意味と謎を読み解いて、歴史図像学の出発を告げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民衆の姿・しぐさ・行為(「異香」と「ねぶる」
  • 『天狗草紙』における一遍 ほか)
  • 「場」を読む(春の年中行事
  • 市の光景 ほか)
  • シンボリックな風景(物くさ太郎の着物と髻
  • 「犬」と「烏」と ほか)
  • 荘園絵図は語る(荘園絵図の世界
  • 絵図上を航行する帆掛船 ほか)
  • 終章 絵画史料を読むために
  • 付章 図像の歴史学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 姿としぐさの中世史 : 絵図と絵巻の風景から
著作者等 黒田 日出男
書名ヨミ スガタ ト シグサ ノ チュウセイシ : エズ ト エマキ ノ フウケイ カラ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2002.10
版表示 増補.
ページ数 374p
大きさ 16cm
ISBN 4582764452
NCID BA59107508
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想