鉄砲と戦国合戦

宇田川武久 著

戦国合戦に多大な影響を与えた鉄砲。その背景には、新たな武芸「砲術」の誕生と、それを家業とする砲術師たちの命がけの活躍があった。なぜ日本人は火縄式にこだわり続けたか。いくさの中で発達した砲術の世界に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 銃砲に関する基礎知識
  • 鉄炮の基礎知識
  • 揺籃期の炮術師
  • 兵法者の足跡
  • 軍用化への道
  • 技術の発達と停滞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄砲と戦国合戦
著作者等 宇田川 武久
書名ヨミ テッポウ ト センゴク カッセン
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 146
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2002.11
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4642055460
NCID BA59104033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335726
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想