パリに生きた科学者湯浅年子

山崎美和恵 著

第二次世界大戦勃発直後、三〇歳で単身渡仏。ジョリオ=キュリー夫妻のもとで研究を始めたものの、敗戦の迫る日本に帰国を余儀なくされ…。国際的に活躍した日本初の女性科学者の伝記。波瀾万丈の生涯にあって、真摯に科学と向き合い、芸術や文学、哲学や宗教にも心を傾けた生き方からは、勇気を与えられます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フランスへの旅立ち
  • 2 コレジ・ド・フランス原子核化学研究所
  • 3 ドイツ占領下の研究所で
  • 4 崩れ行くベルリンで
  • 5 敗戦の祖国
  • 6 再会、そして別れ
  • 7 オルセー原子核研究所で
  • 8 断層を超えて
  • 9 "Jusqu'au bout"-最後まで徹底的に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリに生きた科学者湯浅年子
著作者等 山崎 美和恵
書名ヨミ パリ ニ イキタ カガクシャ ユアサ トシコ
書名別名 Pari ni ikita kagakusha yuasa toshiko
シリーズ名 岩波ジュニア新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.10
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 400500413X
NCID BA59080897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20332441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想