江南 : 中国文雅の源流

中砂明徳 著

「上に天堂あり、下に蘇杭あり」-。その昔、蘇州・杭州の富、美、快楽を称え、地上の天国と謳われた江南。空前の書画骨董ブーム、繁栄する出版業、朱子学の興隆。芳醇かつ猥雑な都市文化が生み出した中国史上の南の豊かさを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中国史上の南北問題
  • 第1章 趣味の市場
  • 第2章 学術の市場
  • 第3章 通鑑一族の繁衍
  • 第4章 北虜南倭
  • 第5章 動乱の時代と南人
  • 第6章 技を片手に
  • 終章 中国史における「南」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江南 : 中国文雅の源流
著作者等 中砂 明徳
書名ヨミ コウナン : チュウゴク ブンガ ノ ゲンリュウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 250
出版元 講談社
刊行年月 2002.10
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 4062582503
NCID BA59074384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想