<マイナー>の声

樺山 紘一;坂部 恵;古井 由吉;山田 慶児;養老 孟司;米沢 富美子【編】

封印は解かれた。見えない抑圧の構造を読み、支配的な諸関係を批判し続ける新たな認識の戦場へ。「いま」をつくった言葉、20世紀の自画像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 二〇世紀を読む(グローバル化の両価性
  • 女性の地位
  • 差別と差異のヒストリオグラフィ)
  • 2 二〇世紀の臨界("最終的解決"の構想と記憶
  • マイノリティの復権
  • 躯とまなざし
  • 「女」の抑圧から「女」という抑圧に対して)
  • 3 はじまりの二〇世紀(少数者のことば-言語、物語、複数文化の力学
  • ボーダーと文化のヘゲモニー
  • ジェンダーの二〇世紀)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <マイナー>の声
著作者等 井上 達夫
古井 由吉
坂部 恵
山田 慶児
米沢 富美子
養老 孟司
樺山 紘一
書名ヨミ マイナー ノ コエ
シリーズ名 20世紀の定義 / 樺山紘一 ほか編 8
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.10
ページ数 252, 33p
大きさ 21cm
ISBN 400026558X
NCID BA59072469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20346883
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想