裁判官はなぜ誤るのか

秋山賢三 著

もし、裁判官の判断に誤りがあったら-。人の一生を左右する誤判、冤罪の背景には何があるのか。判事として再審請求事件に向き合った経験をもつ著者が、裁判官の日常生活やキャリアシステムの問題点を指摘し、さらに法曹一元化、陪審・参審制度などの司法改革が議論されている今日、裁判が市民のものになるには何が必要かを提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 裁判所と裁判官の生活
  • 第2章 刑事担当の裁判官として
  • 第3章 再審請求を審理する-徳島ラジオ商殺し事件
  • 第4章 証拠の評価と裁判官-袴田再審請求事件
  • 第5章 「犯罪事実の認定」とは何か-長崎(痴漢冤罪)事件
  • 第6章 裁判官はなぜ誤るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裁判官はなぜ誤るのか
著作者等 秋山 賢三
書名ヨミ サイバンカン ワ ナゼ アヤマルノカ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2002.10
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4004308097
NCID BA59069963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20342299
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想