宗教の復権 : グローバリゼーション・カルト論争・ナショナリズム

中野毅 著

世界のグローバル化は、民族紛争や政治的対立を激化させる傾向にあり、宗教はその重要な役割を演じている。欧米を中心に、政治‐文化‐宗教の連環を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 グローバリゼーション・宗教的ナショナリズム・原理主義(聖戦の時代-いま宗教研究に問われているもの
  • ポスト冷戦世界の宗教ナショナリズム-一九九〇年代
  • 公的領域への宗教の挑戦一九八〇年代
  • 世俗化論再考の諸問題)
  • 第2部 カルト/セクト論争と宗教的ナショナリズム(宗教研究とカルト問題-宗教研究における立場の問題
  • アメリカにおける反カルト運動とナショナリズム
  • バクティヴェーダーンタ・スワーミーとクリシュナ意識運動
  • ヨーロッパ統合とセクトへの規制)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教の復権 : グローバリゼーション・カルト論争・ナショナリズム
著作者等 中野 毅
書名ヨミ シュウキョウ ノ フッケン : グローバリゼーション カルト ロンソウ ナショナリズム
出版元 東京堂
刊行年月 2002.9
ページ数 262p
大きさ 20cm
ISBN 4490204817
NCID BA59069544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20329399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想